2006年08月27日

『中国世界遺産の旅1』

中国世界遺産の旅 1
平山 郁夫監修 / 樋口 隆康監修
講談社 (2005.2)
通常24時間以内に発送します。


 カードのポイントがたまったので、こんな本を注文してみました。
 読み物というよりも、世界遺産の風景がふんだんに盛り込まれた写真集のような趣で、うっとりするほどの美しさです。ページをめくるたびに、息をのむような景色が広がっていくのです。
 その中でも目が釘付けになったのが、故宮・太和殿の内部の写真。黄金の玉座に、天井までびっしりと施された装飾、そして、柱に刻まれた文様。壮麗でありながら、どこか力強いなんともいえない美しさ!去年の北京旅行でこの太和殿も見ているのですが、人がたくさんいて、暑くて、故宮のあまりの大きさに圧倒されて、柱までは目がいかなかったようです。見れば見るほど、もう一度行きたくなってきます。

 この1巻目では、北京・河北・東北地方、以下、2〜4巻でシルクロード、四川・雲南・チベット、長江流域がとりあげられ、中国全体を網羅します。残りの3巻もだんぜん欲しくなってきました。
posted by あんく at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 著者別 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

『とるこ日記』と『VOYAGE![ヴォヤージュ:旅]』

とるこ日記
とるこ日記
posted with 簡単リンクくん at 2006. 7.14
定金 伸治著 / 乙一著 / 松原 真琴著
集英社 (2006.3)
通常24時間以内に発送します。


VOYAGE!
nahomi著
フェリシモ (2004.2)
通常1-3週間以内に発送します。


『とるこ日記』、まえがきにあるとおり、この本を読んでもとるこに行きたいという気分はほとんど湧いてこないという不思議な旅行記です。ブログを本におこしたものなので、見開きの左側に本文(定金伸治:文)、それに対する解説や補足、つっこみ(乙一、松原真琴)が右側に注釈のようにつくというページ構成なので、よみにくいことこの上ないのですが、その不便さを補ってあまりある面白さです。言葉で情景やそのときどきの雰囲気を伝えることがお仕事の作家さんだけあって、文章と旅の空気をぞんぶんに味わえるので、作家さんの書く紀行文は二度おいしいような気がして大好きです。

 もう一冊は、雑貨ハンターと自らを称し、バイヤーとして働いているnahomiさんという方の著書。世界各国の味わい深い雑貨が、写真と解説入りですべてのページを飾っています。もう、眺めているだけで楽しくなることうけあい!雑貨というのは、どうしてこうもわくわくさせてくれるんでしょうね。
posted by あんく at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 著者別 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。