2008年08月18日

『ラットレース』

ラットレース
ラットレース
posted with amazlet at 08.08.18
方波見 大志
ポプラ社
売り上げランキング: 435158
 ここ半年くらい、すっかり読書から遠ざかっていました。というわけで、ライトノベルや、少年少女向けの本棚から読む本を選んで、ただいま読書リハビリ期間中。

 飼っていたインコのピヨ吉が死んでしまったと先輩の片里名から呼び出された中島。ピヨ吉の亡骸を見ていると、そこから半透明のなにかが浮かび上がってきた。それは、インコの姿とはかけ離れた、ジャージ姿の中年おやじだった……しかも、その姿は中島にしか見ることができない。このおやじはピヨ吉の魂なのか?オカルトに詳しい、中島のクラスメート岡部と、その友だち伊藤を交えた謎解きが始まる。

 いきなり、幽体離脱した魂の登場。しかも、それは半透明で、加齢臭もしそうな典型的なおやじ。しかもジャージ姿。もう、このじてんでこのお話がいったいどこに向かっていくのかまったく分からなくなりました。インコの魂がなにゆえおじさんなのか、なぜ彼は中島にしか見ることができないのか。岡部と伊藤、そして片里名、中島がともに見つけ、行き着く先はどこなのか。

  昨今のライトノベルやそれに類する作品はかなり読み応えがあって、内容もなかなかシビアなものが多いのですが、この『ラットレース』も、決しておもしろくて楽しいテーマとはいえません。
 ここに出てくる、岡部や伊藤は成績優秀ながら人との距離をうまくとれず、不思議なコンビとしてクラスでも少し浮いている存在として描かれているし、片里名もクラスの集団から少し離れて、クールな美人として名を馳せている。中島はその彼女の下僕的存在として認識されているという具合に、だれもが“普通の高校生”から微妙にずれている。彼らだからこそ、半透明のおやじとかかわることができるともいえるし、彼らこそがそれとかかわらなければならないものでるようにも思えてきます。
 人との距離のとりかたに、大人が思っている以上に複雑なものがあるし、必要以上に難しくしてしまっているところもあるのかなと思ってみたり。

 今どきの子どもたちは、つくづく生きにくい世の中であがいていることに思いを馳せつつも、そこからなにかを見いだして、もう一つ違う段階に上っていってほしいなと思うことしきりです。
ラベル:方波見大志 読書
posted by あんく at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 著者別 あ〜か | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。