2010年07月01日

6月の本読み(2010年)

6月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:2667ページ

奇縁まんだら 続奇縁まんだら 続
不勉強で、前の巻よりさらに作品を知らない方ばかり。それなのに、その人となりがやすやすと映像として浮かんでくるのが不思議。こんなにたくさんの人と会い、またそれをまるでつい数日前のことのように描ける作者の記憶力に敬服。いや、本当におもしろい!
読了日:06月30日 著者:瀬戸内 寂聴
虎と月 (ミステリーYA!)虎と月 (ミステリーYA!)
山月記とミステリー。まったく縁のなさそうな二つが結びつくと、こんなふうになるのかとおもしろく読んだ。山月記のテンポのよい漢文調の文章が、しきりに読みたくなるのは、やはり作者の山月記への愛情があふれた作品だからじゃないかと思えてくる。
読了日:06月27日 著者:柳 広司
マローディープ 愚者たちの楽園 (講談社ノベルス)マローディープ 愚者たちの楽園 (講談社ノベルス)
モルディブと伊豆での事件が、徐々につながっていく過程を、時間を前後させながら語り、それを混乱させずに読ませる手腕はさすが。気づいたら、パズルのピースが埋まっていたというように、ぴたっと収まる気持ちよさ。伏線拾ってますと、主張しないこのさりげなさが好きだ。
読了日:06月27日 著者:森福 都
田村はまだか田村はまだか
40歳にもなると、いろんなことがあるなと妙に納得するものの、「田村はまだか」があんまりにも繰り返されて少しくどい感じがしてしまった。
読了日:06月23日 著者:朝倉 かすみ
かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)
大人も子どもも楽しめる、いいお話。かのこちゃんと、すずちゃんの出会いや、風変わりな二人の友情、猫と犬の夫婦とか、はたまた猫股のお話まで、思わぬところに連れて行ってくれる世界の広さを堪能した。かのこちゃんみたいな子どもと、遊んでみたいなぁ。
読了日:06月20日 著者:万城目 学
ダブル・ジョーカーダブル・ジョーカー
超人的なD機関のスパイたちといえども、人の感情や、巡り合わせに抗えないところがあるんだと思えて、前作より好感度アップ。そのぶん、皇国に忠誠を尽くそうとするわけでもなさそうな結城中佐が、なんのためにD機関を作り上げたのか気になり始めた。その答えが知ることができるのだろうか。
読了日:06月18日 著者:柳 広司
桜下の決闘 吉岡清三郎貸腕帳桜下の決闘 吉岡清三郎貸腕帳
清三郎と、陰気な女中おさえの他にも、清三郎の祖父や、新しい下女などが登場して、ますます魅力的。清三郎のひねくれきった優しさがかいま見える物語のおかしみと、剣戟シーンと冴えわたるさまが、さすがの出来!それだけに、最後が気になる。シリーズ三作目を切望します。
読了日:06月17日 著者:犬飼 六岐
木練柿(こねりがき)木練柿(こねりがき)
信次郎と清之介に注がれる、伊佐治の父親のような温かい目線にほろりとする。人と人が交わりながら、変わっていけると思わせてくれるぶん、前作よりずいぶんと温度が感じられる。もちろん、それでも拭いきれない仄暗さも健在で、ひと味ちがった時代物になっているのがいい。
読了日:06月16日 著者:あさの あつこ
忍びの国忍びの国
中盤くらいまで、だれが主軸なのかよく分からず、手探りしながら読むような感じだった。中盤以降は、加速度的におもしろくなり、事が決する第4章は大いに盛り上がった。忍びの生き方は、野生動物のようで、領地を広げ勢力を強めるために戦いを繰り返す武将よりも、魅力的に思えた。とにかく、出てくる人みなが魅力的だけれど、やはり無門がいちばん。お国とのかけあいがおもしろいだけに、最後が切なかった。
読了日:06月04日 著者:和田 竜
トワイライト・ミュージアム (講談社ノベルス)トワイライト・ミュージアム (講談社ノベルス)
タイムトラベルに至る設定が面白いけれど、中世イングランドの暗い空気と、枇杷が受ける痛みの描写に息苦しくなった。うまく言えないけれど、ところどころにトゲのような冷たさを感じてしまう。続きがあっても手が出そうにないかな。
読了日:06月01日 著者:初野 晴

読書メーター
posted by あんく at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ○月の本読み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。